衝撃の死から半年 稀代のトリックスター・村崎百郎とはなんだったのか
 シベリア出身で中卒の元工員というインパクト全開なプロフィールを引っさげ、1990年代、鬼畜・悪趣味ブーム前夜のサブカル界に突如として現れた怪人・村崎百郎。自らを「鬼畜系」「電波系」と称し日本一ゲスで下品なライターとして、ゴミを漁って他人のプライバシーを暴くダスト・ハンティングをはじめ様々な鬼畜活動を繰り広げた彼の出現はホントに衝撃的だった。しかし、まさかそれ以上に衝撃的な死に方をすることになろうとは......。

 2010年7月23日、村崎百郎は「彼の書いた本にだまされた!」というファンによって刺殺された。「自分はキチガイだ」と言ってはばからなかった村崎百郎がリアル・キチガイに殺されるなんて、悪い冗談にもほどがある。正直、出現した当初と比べ近年の活動はいまひとつパッとしないものばかりだったので、ボクの中で村崎百郎への興味はかなり薄くなっていたのだが、それでも今回の事件には驚かされた。サブカル・ライターなんてただでさえ鬱をこじらせて自殺しちゃうような人が多いっていうのに、ファンに刺されるリスクまで背負わなきゃならないとは、なんと因果な商売か(大して儲からないのにねぇ)。

 そんな村崎百郎の死からちょうど4カ月後に発売されたこの『村崎百郎の本』(アスペクト)。まあいわゆる追悼本という位置づけなのだろうが、よくある友人や関係者たちが「アイツはあんなことやってたけど、本当はすごくいいヤツだったんだよねー」などと回顧しているタイプの本ではない。

引用が長くなっちゃった。自分もこの本を買いました。
村崎百郎の本
村崎百郎の本
クチコミを見る
ダイレクトというにはギリギリの世代なのかな。カルチャーというカルチャーを薄っぺらくありとあらゆるジャンルに手を出した20代前半、そんな中でも強烈な世界観の一つであり、暗く輝いている存在でした。村崎百郎というライターは。

この本は追悼本とは言ってないけど、結果としての追悼になってるし、また、当時の空気感をそこはかとなくただよう寂しさを感じさせながら出しています。amazonレビューにはいろいろ書かれていて、まぁそうかなという部分もありますが、全体として密度濃いのは間違いないですし、村崎百郎というワードに少しでもひっかかる人ならば読んで損はない本だと思います。