プログラマの数学

大学は実のところ数学科ばかり受けたワタクシです。高校時代は『大学への数学』をのめり込むように読んでいたなぁ。完全に理解しきれなかったところに能力の限界はありましたが。実際に数学科は全部落ちたしねw。結局、経営工学という、字面だけではなんだかよくわからないところに行きましたが(人生の過程として数学科にいかなくてよかったという一面があるのは事実)。

ま、とにもかくにも学問で何が一番好きか、と、聞かれたら胸を張って数学と答えますな。とはいえ、大学4年間、中学&高校生に塾の先生で教えた移行はあまり数学の世界とは無縁な感じで過ごしてきたので、だいぶ忘れていたりして。で、ちょうど良い機会というわけではないですが、『プログラマの数学』という本を紹介されまして一晩借りて読んでみたところ、これがなかなかに良い感じ。リハビリにはちょうどいいですね。本格的に思い出すには物足りないですが、業務として数学的なことを使うことはほとんどないので。

論理的思考を再度引き締めるためにも、ちゃんと買って読み直そうっと。