肝心要の時にお休みをいただいている自分です。ごめんなさい。

日常から逃走するを命題にやってきたのは青荷温泉です。雪に埋もれるにはほんのちょっと早かった感じですが(2月がよいらしい)、それでも十分です。明かりはランプのみ。電気なにそれ系の宿で、当たり前ですが携帯の電波の一切合切届きません。温泉にゆっくりつかって考えることを放棄した数時間はかなり満足度高かったです。