930c1ed2-f1d7-469c-bd9e-e200de4a53f6

初日に我らがバルト9にて。客層はやっぱりテレビのファンが多いのかなという印象。自分は、というと、テレビシリーズはタイミングがあえば観る程度で、劇場一作目はファンサービスとしての映画かなぁという感想でだいぶがっかりした人です。
で、今作はどうだったかというと、映画単体としてかなり楽しめました! ちょっとの事前知識はいるかもですが、そこは昨今のテレビシリーズ映画化よりよっぽど良心的。とにかく主軸のストーリーが掘って掘って掘り下げていく形で、観客を飽きさせずにぐいぐい終盤まで引っ張っていくリズム感がとにかくよかった。横軸となる部分は、テレビシリーズ前提のところはあるんですが、絡み方が巧いですし、オチで主軸と横軸がぶつかり合い、また、単純な話で終わらせてない余韻もいいのではないでしょうか。

出演陣については特にコメントなし、というか、ゲスト出演陣もとにかく演技上手だしね。やっぱりちょっとだけ書くと、小西真奈美すげえなぁだし、おっさんが一癖も二癖もありすぎだし、特に國村隼にはしびれましたな。

うーんと思うポイントもないではないです。中国マフィアがどうだらの部分とかね。東映のステレオ的な表現方法だと思えば、かなw。あとは、重要人物の移動真相とかね。そんなに重要ならそもそも連れ出せないだろ、そんな衛生環境で無理しすぎ、とかね。でも、そこを加味しても自分は今作かなり楽しめました。好きな部類です。

あと、もしかしたら、ファンサービスという点ではいたらぬ点があるのかもしれない。でも、そこについては特に言及しません。だって、ファンではないし。ファンでないからこそ、映画単体で楽しめましたということで、もし興味があれば是非にという形で。